SUVをファミリーカーに!小学生以上の家族におすすめ

子育て家族におすすめSUVはどれ?人気のファミリーカーを比較するサイト2018年版です。

【5人乗り】スズキ「SX4 S-CROSS」価格204万~、燃費18.2km/L|2015年度グッドデザイン賞受賞

      2017/05/10

SX4-S-CROSS

  • 15年2月発表
  • ガソリン1.6L
  • 2WD(前2輪駆動)/フルタイム4WD
価格 204万~
燃費 18.21.6km/L
エンジン 1.6ℓ
駆動方式 2WD/フルタイム4WD
馬力 117PS
全長×全幅×全高 4300×1765×1575mm
室内長×幅×高 1995×1475×1250mm
最小回転半径 5.3m
乗車定員 5名

SX4S-CROSSは2015年2月に発売が開始され、現行モデルで2代目になります。エスクードと同様にハンガリーの工場で生産され、輸入されるスタイルとなっており、エンジン・装備など共通する項目が見られます。
先代のSX4より全長が150㎜・ホイールベースが100㎜拡大しており、室内の空間・ラゲッジルームも広くなっています。特にラゲッジルームは、このクラスでは最大級の広さとなっており、アウトドアなどにも重宝します。

4WD車では新世代四輪制御システムALLGRIPを採用し、4つの走行モードで運転を楽しむ事が出来ます。走行モードにはSPORT・SNOW・AUTO・LOCKがあり、様々な路面環境に対応した車となっています。
また2015年度グッドデザイン賞を受賞するなど、人気の車種です。

SX4S-CROSSのカラーは5色

クリスタルライムメタリック
コスミックブラックパールメタリック
クールホワイトパール
ブーストブルーパールメタリック3
ギャラクティックグレーメタリック

SX4S-CROSSのボディーカラーは、5種類でした。クールホワイトパールのみオプションで21,600円(税込)必要です。

スズキ「SX4S-CROSS」のメリット(良い点)

①4つの走行モードを路面状況によって切り替え可能。

SX4S-CROSSは、新世代四輪制御システムALLGRIPを採用しています。これにより4つの走行モードをスイッチ1つで切り替え可能です。走行モードにはSPORT・SNOW・AUTO・LOCKがあり、路面環境やドライバーの気分によって選ぶことが出来ます。
SNOW・LOCKモードは雪道の運転にはかなり重宝する機能なので、冬も安心です。

②アームレストを前後席に標準装備

SX4S-CROSSには前席はもちろんですが、後席にもアームレストが装備されています。長距離の運転の際には、アームレストがあるとないでは結構体の疲れが違ってくるので、後席にも設置してあるのはプラスポイントです。
また後席のアームレストには、ドリンクホルダーが2つ付いているのも使い勝手が良いです。ドアポケットにもドリンクホルダーは付いているので、スマホなどの小物を入れるのにも良いかもしれません。

③クルーズコントロール標準装備

SX4S-CROSSには、長距離ドライブなどで重宝するクルーズコントロールシステムを標準搭載しています。ハンドルに付いているスイッチを操作するだけで、あらかじめ設定したスピード(約45~100km/h)で走行してくれます。
アクセルを踏み続ける必要がなく、高速道路などの運転の際にはとても楽ちんです。また一定速度をキープするので、ドライバーが操作するより燃費が良くなることもです。お財布にも体にも優しい機能なので、是非欲しい装備です。

④4WD車の運転席・助手席シートには、2段階の温度調整機能が標準装備。

SX4S-CROSSの運転席のシートは、2トーンのファブリックシートを採用しています。シートのクッション性はちょうど良く、適度に沈む感じです。またシートの高さやハンドルの高さ調整なども出来るので、自分好みのドライビングポジションで運転する事が出来ます。ホールド性も良いので、長距離運転にも適しています。
4WD車の運転席・助手席シートには、2段階の温度調整機能が標準装備されているのも、冬のシーズンには嬉しいポイントです。

SX4 S-CROSSの中古車を探す

スズキ「SX4S-CROSS」のデメリット(欠点)

①先進の安全装備である自動ブレーキの設定なし

SX4S-CROSSには、先進の安全装備である自動ブレーキや車線逸脱警報機能などの装備設定がありません。ライバル車のJUKE・エスクード・ヴェゼルには自動ブレーキが標準装備orメーカーオプションで設定されているのに、設定がないのは残念な点です。次回のマイナーチェンジの際には、是非追加して欲しいポイントです。

②ライバル車のJUKE・ヴェゼルに比べて馬力・パワー共に劣る。

SX4S-CROSSはエスクードと同じ1.6L DOHC VVTエンジンを搭載しています。最高出力が117馬力・最大トルクは15.4kg・mとなっていますが、ライバル車のJUKE・ヴェゼルと比べるとやや劣ります。(JUKE190馬力/24.5㎏・m、ヴェゼル132馬力/15.9㎏・m)
街乗りには問題ないですが、坂道や高速走行をする機会が多い場合には物足りなさを感じるかもしれません。

③後席を倒すと段差は出来ないが、やや傾斜が生じる。

SX4S-CROSSのラゲッジルームは、奥行き820㎜・幅1,660㎜・高さ760㎜というスペックになっています。後席を倒すと奥行きが1,030㎜まで拡大し、ハッチバックとしては割と容量はあります。
ただ後席を倒した場合フラットにはなりますが、前に行くにつれて高くなる設計なので、やや傾斜が出来てしまいます。段差が出来る訳ではないのですが、ちょっと残念なポイントです。