SUVをファミリーカーに!小学生以上の家族におすすめ

子育て家族におすすめSUVはどれ?人気のファミリーカーを比較するサイト2018年版です。

トヨタ「ヴェルファイア」の良い点・欠点まとめ – 後部座席のエアバッグが全車標準装備

      2017/05/10

第4位
トヨタ・ヴェルファイア
トヨタ・ヴェルファイア

価格 燃費 月間平均
販売台数
馬力 室内広さ
荷室広さ
小回り
安全性
少し残念 残念 おすすめ とても良い とても良い 少し残念
319
万円~
11.4
km/L
3,779台 182ps
280ps
少し残念 とても良い

ヴェルファイアの口コミ評価は?

ヴェルファイア(ハイブリッド)はこちら

トヨタ「ヴェルファイア」のメリット・デメリットまとめ

ヴェルファイアのメリット

  • 後部座席のサイドカーテンエアバッグが全車標準装備で安全性が高い
  • 室内空間が広く3列目までゆったりと座れる
  • ハイブリッド車は最大燃費19.4km/Lで低燃費
  • 馬力が大きく、排気量2.5ℓで182ps、3.5ℓで280ps
  • 巻き込み警報機能でクルマの左右に障害物を検知すると警報でお知らせ
  • 後退時、バックギアに入れると同時にサイドミラーが下向きになり死角を確認しやすくなる
  • レーダークルーズコントロールで0~100km/Lまで追従走行ができる

ヴェルファイアのデメリット

  • ボディサイズが大きいので小回りが利かず運転しづらい
  • ヴェルファイアのガソリン車は11.4km/Lで燃費が悪い

ヴェルファイアを中古車検索

トヨタ・ヴェルファイアの良い点は?

前席のサイド、後席のサイドを守るエアバッグが標準装備

良い点車のエアバッグは、運転席、助手席の前を守るエアバッグと、運転席の足元を守るニーエアバッグ、前席のサイドを守るサイドエアバッグ、後部座席を守るサイドカーテンエアバッグという4種類があります。

そのすべてのエアバッグが標準装備されているのがヴェルファイアの魅力の一つです。ヴェルファイアはミニバンの中でも大きいので利用者は、乗車人数も多く、遠出をする方も多い可能性が高いです。後部座席には小さなお子さんが乗る可能性も高いので後部座席の安全性が確保されているのは安心ですね。

ボディサイズが大きく室内も広々

良い点ヴェルファイアは、ボディサイズが大きいだけあって室内はとても広々としています。ミニバン広さランキングで第1位の広さです。室内の高さは1,400mmと高いので頭上に余裕があります。小さいお子さんなら立ったまま移動も簡単にできます。

3列目シートも床下収納ではなく跳ね上げ式なのでしっかりとした作りでゆったりと快適に座る事ができます。

ドライビングポジションが3パターン登録可能

良い点家族で乗る車ですから、旦那さんだけが運転するわけではありません。旦那さんが運転する日もあれば、奥さんが運転する日もありますよね。ヴェルファイアなら、運転席のシートの角度、位置、ドアミラーの位置を登録しておくことが可能です。

奥さんが使う時、旦那さんが運転するときでボタンを押すだけで使い慣れたポジションに自動で変更してくれるのでストレスなく快適に運転ができます。

文句なしの馬力の大きさ182ps(2.5ℓ)、280ps(3.5ℓ)

良い点ヴェルファイアは、排気量が大きいので馬力も大きく、2.5ℓで182馬力、3.5ℓで280馬力あります。ヴェルファイアはボディサイズが大きく、乗車人数も多くなる可能性が高いので重量が重くなります。

普段から大人数で乗車するのであれば、3.5リットルの排気量のグレードを選択したほうがパワー不足を感じることなく快適に運転できるでしょう。

世界初の簡単駐車アシスト機能(タイプ別装備)

良い点ヴェルファイアには、『インテリジェントパーキングアシスト2』という世界初の駐車アシスト機能が装備可能です。①後退車庫入れ駐車、②前進誘導機能、③縦列駐車機能、④縦列出庫機能などの切り返しを伴う駐車もアシストしてくれるので駐車が苦手な方におすすめの機能です。

また、巻き込み警報機能も付いているので、駐車場から出庫する際など、巻き込みそうな位置まで車が近づくと警報が鳴る仕組みになっています。

レーダークルーズコントロールで0~100km/hまで追従走行可能(タイプ別装備)

良い点通常のクルーズコントロールの場合、アクセルを踏まずに自動で定速走行が可能ですが、ベルファイアのレーダークルーズコントロールなら、0~100km/hの範囲で前を走行中の車に追従走行が可能です。

先行車がブレーキを踏んだ際は、適切な車間距離を保ちながら減速します。前の車が発進すれば、アクセル操作やスイッチ操作で追従走行を再開することが可能になりました。

ヴェルファイアを中古車検索

ヴェルファイアの欠点は?

最大燃費が11.4km/Lで燃費が悪い

欠点ヴェルファイアは、ボディサイズが大きく、排気量も大きいので燃費がとにかく悪く最大で11.4km/Lしか走る事ができません。更に燃費のわるいグレードの場合、9.5km/Lが最大燃費になります。

ハイブリッド車の選択も可能で18.4km/Lの燃費のグレードもありますが、安くても535万円からなのでなかなか手が出にくいです。

小回りが利かないので初心者には向かない

欠点ボディサイズが大きいのでとにかく小回りが利きません。それだけでなく左右の幅も大きいので、対向車が来て幅寄せする際はかなり緊張することになるかもしれません。

座席のポジションは高いので上から見下ろしての運転になるのでエスティマのような車高の低い車よりは前方は見やすいようです。