SUVをファミリーカーに!小学生以上の家族におすすめ

子育て家族におすすめSUVはどれ?人気のファミリーカーを比較するサイト2018年版です。

【ミニバン編】ファミリーカー荷室の広さランキング – 【1位】日産セレナ

      2017/05/11

子育て家族におすすめのファミリーカーの中でも、中古車人気ランキング上位のミニバン10台を徹底比較しています。

荷室の広さについては、①全部のシートを使用時と、②3列目シートを格納時、③2~3列目を格納時の3パターンで比較しています。室内を広く確保するために荷室を狭く設定されている車もありますのでボディが大きいからと言って荷室が広いわけではありませんのでぜひチェックしてみてくださね。

①【ミニバン編】荷室の広さランキング(全席使用時)

順位 車種 奥行×幅×高
(全座席使用時)
合計 中古車検索
1位 セレナ(日産) 445×1215×1620 3280 中古車検索
2位 ステップワゴン(ホンダ) 460×985×1270 2715 中古車検索
3位 ヴォクシー(トヨタ) 480×990×1240 2710 中古車検索
ノア(トヨタ) 中古車検索
5位 エスティマ(トヨタ) 470×1040×1050 2560 中古車検索
6位 エルグランド(日産) 310×1190×940 2440 中古車検索
オデッセイ(ホンダ) 380×1000×1020 中古車検索
8位 ヴェルファイア(トヨタ) 240×920×1190 2350 中古車検索
アルファード(トヨタ) 中古車検索
10位 プリウスα(トヨタ) 375×995×730 2100 中古車検索

※荷室の広さは「モータファン別冊 ミニバンのすべて2015-2016」のデータを参考にしています。
横幅は一番小さい数値を使用しています。
※実際の数値と若干違う可能性がございますのでご注意ください。

日産・セレナハイウェイスター(画像はセレナハイウェイスター)

全席使用時の荷室は日産セレナが一番広かったです。奥行きが一番長いのはヴォクシー・ノアの480mmでした。

ヴェルファイア・アルファードは、ミニバンの中でも大きいクラスのミニバンですが、室内が広く確保されている為、前席使用時の荷室(トランクルーム)はとても狭くなっています。

②【ミニバン編】荷室の広いファミリーカーランキング(3列目格納時)

順位 車種 奥行×幅×高
(3列目格納時)
合計 中古車検索
1位 セレナ(日産) 1215×1215×1620 4050 中古車検索
2位 ヴォクシー(トヨタ) 1235×990×1240 3465 中古車検索
ノア(トヨタ) 中古車検索
4位 ステップワゴン(ホンダ) 1180×985×1270 3435 中古車検索
5位 ヴェルファイア(トヨタ) 1270×920×1190 3380 中古車検索
アルファード(トヨタ) 中古車検索
7位 エスティマ(トヨタ) 1210×1040×1050 3300 中古車検索
8位 エルグランド(日産) 1140×1190×940 3270 中古車検索
9位 オデッセイ(ホンダ) 800×1000×1020 2820 中古車検索
10位 プリウスα(トヨタ) 985×955×730 2670 中古車検索

3列目格納時も荷室ランキングは日産セレナが第1位の広さでした。横幅と高さがダントツに長いのが1位の理由です。ヴォクシー・ノアは、5ナンバーのミドルサイズのミニバンですが、高さがあり荷室は広いです。

奥行きが一番大きいのはヴェルファイア・アルファードでしたが、横幅が小さい為5位という結果になりました。

③【ミニバン編】荷室の広いファミリーカーランキング(2-3列目格納時)

順位 車種 奥行×幅×高
(2-3列目格納時)
合計 中古車検索
1位 セレナ(日産) 1620×1215×1620 4455 中古車検索
2位 ステップワゴン(ホンダ) 1700×985×1270 3955 中古車検索
3位 エスティマ(トヨタ) 1850×1040×1050 3940 中古車検索
ヴォクシー(トヨタ) 1710×990×1240 中古車検索
ノア(トヨタ) 中古車検索
6位 ヴェルファイア(トヨタ) 1780×920×1190 3890 中古車検索
アルファード(トヨタ) 中古車検索
8位 エルグランド(日産) 1500×1190×940 3630 中古車検索
9位 オデッセイ(ホンダ) 1560×1000×1020 3580 中古車検索
10位 プリウスα(トヨタ) 1870×995×730 3595 中古車検索

2-3列目シートを格納時の荷室の広さも日産セレナが第1位でした。奥行き第1位はトヨタ・プリウスαでしたが、高さがとにかく低いので最下位という結果になりました。

アルファード・ヴェルファイアは、ボディサイズは大きいのですが、一番狭い横幅の数値を使用すると荷室の広さは中間程度の広さになってしまいました。反対にヴォクシー・ノアは、ボディサイズは小さいのですが、荷室は広めでした。