SUVをファミリーカーに!小学生以上の家族におすすめ

子育て家族におすすめSUVはどれ?人気のファミリーカーを比較するサイト2018年版です。

トヨタ「アルファード」の良い点・欠点まとめ – 3列目も広々快適、安全性も高いが価格も高い

      2017/05/10

第6位
トヨタ・アルファード
トヨタ・アルファード

価格 燃費 月間平均
販売台数
馬力 室内広さ
荷室広さ
小回り
安全性
少し残念 残念 少し残念 とても良い とても良い 少し残念
319
万円~
11.4
km/L
3,501台 182ps
280ps
少し残念 とても良い

アルファードの口コミ評価は?

トヨタ「アルファード」のメリット・デメリットまとめ

アルファードのメリットまとめ

  • 広い室内にゆったりと座れるシートで快適に過ごせます
  • 助手席も、1,160mmもスライドできるので足元広々、オットマン付き
  • 運転席のポジションを電動で位置調整可能
  • シートを畳めば沢山荷物が積載可能で、床下にも収納があります
  • バックギアに入れるとサイドミラーが下に下がり白線が見やすくなります
  • 前席、後席のサイドを守るエアバッグが全車標準装備で安全性が高い
  • 高級感漂う外観と内装で優越感に浸れる

アルファードのデメリットまとめ

  • ガソリン車の最大燃費が11.6km/Lと悪い
  • 一番安いグレードで319万円からなのでとても高い
  • ハイブリッド車は燃費が良いが、415万円からと更に高い

アルファードの中古車を探す

トヨタ「アルファード」の良い点

全てのエアバッグが全車標準装備で安全性が高い

良い点運転席と助手席のエアバッグが最近ではどの車種でも標準装備となっていますが、アルファードは、前席だけでなく、前席のサイド、後部座席のサイドカーテンエアバッグ、全てが標準装備になっています。

小さなお子さんを乗せているとチャイルドシートだけでは不安ですので、左右の窓への衝突も防いでくれるサイドカーテンエアバッグが標準装備なのは嬉しいポイントです。

高機能な先進安全性能が豊富に装備可能(オプション含む)

良い点アルファードには、様々な予防安全機能が装備できます。前を走行中の車と衝突しそうになった時に衝突被害を自動ブレーキで軽減してくれる『プリクラッシュセーフティシステム』や、8箇所に設置のコーナーセンサーやフロント、リアセンサーで車の近くに障害物を検知するとブザーでお知らせしてくれる『インテリジェントクリアランスソナー』などがあり、もちろん衝突しそうな場合は自動でブレーキがかかります。

初心者でも安心!駐車が苦手でも安心な機能が満載

良い点アルファードは車体が大きいので駐車が苦手な方には不安ですが、そんな方でも運転がしやすくなる機能が満載です。まずは『パノラミックビューモニター』です。車を上から見たように前後左右全てを映像で見ることができます。

また『インテリジェントパーキングアシスト2』で、切り返しを伴う駐車もボタンを押すだけで自動でハンドル操作してくれます。巻き込み警報機能もあるので車を出す時も巻き込みの危険が迫ると警報でお知らせしてくれます。

レーダークルーズコントロール(追従走行)で長時間運転が楽

良い点アルファードはトヨタ初の0~100km/Lまで追従走行可能なレーダークルーズコントロール機能があります。クルーズコントロールとは、アクセルを踏まなくても走行時速を一定に保つことができる機能です。

レーダーが付いていると一定の速度で走行するだけでなく、前の車との車間距離を一定に保って追従することができるのです。今までのレーダークルーズコントロールは、高速道路で使用するためという感じでしたが、0~100km/Lまで自由な速度で追従可能なら街乗りにも使いやすそうです。

馬力が大きいので大人数でも快適に遠出できます

良い点ファミリーカーのミニバンの中でもアルファードはボディサイズ、排気量ともに大きく馬力も当然大きいです。アルファードは3列目を普段使いにしても快適に過ごせる大きさなので、大人数が利用されることがおおいです。

乗車人数が増えると車が重くなるので馬力が小さいと、旅行など高速道路を走るときにパワー不足を感じてしまいます。ですが、アルファードは馬力も大きいので、大人数でも快適に旅行が楽しめます。

アルファードの中古車を探す

トヨタ「アルファード」の欠点

ミニバンの中でもかなり高額で最低319万円必要

欠点燃費があまり良くない11.6km/Lのガソリン車の最低グレードで本体価格319万円です。オプションや色々つけたら軽く400万円はするでしょう。低燃費のハイブリッド車が欲しいと思うと415万円からしか購入することができません。

もちろん値段に見合った素晴らしい車ですが、実際に購入するにはハードルがとても高いです。

最大燃費がガソリン車11.6km/Lで燃費が悪い、ハイブリッド車は18.4km/L

欠点ハイブリッド車の燃費は18.4km/Lで燃費が悪いわけではありませんが、ガソリン車よりも100万円ほど高くなってしまうのであまりお得感はありません。

通勤等で高速を使わずに中距離走行する場合にはハイブリッド車の威力を発揮しますが、チョイ乗りと旅行で高速道路ばかり使う方はほとんどハイブリッド走行でいないのでガソリン車がおすすめです。